タイトル  : 松代の家
建物種類  : 住宅
所在地  : 長野市松代町
仕様  : 木造2階建て
建築規模  : 156.85㎡
施工会社 滝澤建設株式会社
竣工 2005年
 

 

 

敷地は遠くに北アルプスを望み長野市内を一望できる傾斜地です。
道路から1.5m、敷地のほぼ中央でまた1.5mの段差があります。道路と平らにする造成工事を行うと大変な費用が掛かりますし、建物の支持地盤としても良いことはありません。素直に1.5m下がった地面に建て中央部の段差はスキップフロアで解消することとしました。これにより道路からは平屋の建物が建っていることになり、背後からの景観を阻害しない建物になりました。
建物中央の段差部分には通り土間を作り階段を設け、建物を貫く主動線としデザイン的にも中心となるよう心がけました。将来パン屋さんを開きたいという希望から玄関正面に土足のまま使用できる土間を作り、そこと居住部分を繋ぐために通り土間があります。営業使用も可能な大きな台所と食堂は同じフロアーに。半階上がって居間と浴室と寝室を設け、半階下がって子供室があります。奥様が一番多くいる台所と食堂からは全ての部屋が見渡せます。スキップフロアの効果で全ての部屋から雄大な眺望を満喫できます。

bk1_top.gif