タイトル  : 上松の家  
建物種類  :  住宅  
所在地  : 長野市  
仕様  : 木造2階建  
建築規模  : 42.04㎡  
施工会社 株式会社鎌倉材木店  
竣工 2020年  
       
       
       

始まりは沖縄から電話を頂いたことからだったように記憶しています。さすがに長野県の設計者が沖縄に住宅を建てるというのは難しいのではと瞬間的に思ったのをよく覚えています。幸か不幸か建設地は長野市とのことで、遠くに単身赴任中なので敷地を見てほしいというものでした。
早速見に行った敷地は長野市内を見下ろせる最高の眺望でしたが、急傾斜地のためハザードマップを見たり周辺の敷地を見たり、簡単な調査をした結果、絶対安全という結論は出せませんでした。その上、道路のカーブに合わせて扇形の形状をした土地で平らな部分は敷地面積の四分の一程しかないかなり設計上の難易度がたかい物件でした。
しかし敷地はコンクリート製の斜面補強が施されており、斜面下部の配管からは地中の水がきちんと排水されていることを確認できたため、危険性があることを承知の上であれば購入しても良いのではというアドバイスをしました。
当然ご希望は眺望の良い家に決まっていますが「景色がインテリアになるような家」という、とても魅力的な表現をされていました。どの部屋からも景色を満喫出来ることが私のコンセプトになりました。一番の問題は寝室の扱いです。居間の大開口の上に部屋を作りしかも吹き抜けているというプランは初めてですが、居間からの風景を切り取ることができ、インテリア的眺望が実現できました。